認知症と誤解されやすい|認知症と間違えやすい要注意の老人性うつ|治療で必ず治る病
女性

認知症と間違えやすい要注意の老人性うつ|治療で必ず治る病

認知症と誤解されやすい

男の人

高齢者が発症しやすい精神疾患といえば、老人性うつと認知症の2つです。この2つの病は共通点が多く、認知症と間違えやすいことも多いため、症状を患う本人もしばしば誤認することがあるので注意が必要です。認知症と老人性うつに共通することといえば、物忘れが多くなることです。認知症の場合、脳機能の低下によって記憶が短期間のみでしか保持されなくなるため、物忘れが激しくなるという問題が現れます。老人性うつの場合、うつ病の特徴である集中力の低下により、物忘れが頻発するようになるのです。両者とも傍から見ると、初期であればほとんど見分けが付きません。しかし、老人性うつと認知症は認識による違いがハッキリと分かれているので、どちらの病に罹患しているかの判別を行なうことはできるでしょう。老人性うつと認知症の最大の違いは、本人が症状を自覚できるかどうかという点にあります。老人性うつの場合、自分が物忘れを頻繁にしてしまうことをしっかりと理解できるので、うつ病に罹ることに強い不安を抱くのです。しかし、認知症の場合、軽度であれば物忘れを自覚できますが、症状が進行するとこうした物忘れの問題を気にしなくなってしまうのです。重度となると、物忘れをしたことすらわからなくなるため、さまざまな問題を起こしてしまうようになるでしょう。自覚できているかが、重度になる前に治療を受けられるポイントとなります。頻繁に物忘れを起こしていることがわかった場合は、近くの心療内科などへ受診するようにしましょう。

認知症と老人性うつの共通点として、他にも気分の落ち込みや不安感、理由もなくイライラすることなどの症状が挙げられます。被害妄想を抱く場合もあり、ちょっとしたことで怒りを露わにすることもあるため、周囲の人にとって悩みのタネとなるでしょう。一方で、認知症とは異なる症状が現れることもあります。その症状の一つが不眠や食欲不振といった症状です。うつ病に罹った場合、交感神経が優位に働くようになるので、夜に眠れなくなることや、食欲が湧かないといった症状に悩まされるようになります。他にも、交感神経の影響により筋肉が緊張し、頭痛や肩、腰に痛みが生じることもあります。これらの症状が見られた場合は、認知症での治療ではなくうつ病治療を行なうクリニックに受診する必要があります。

初期状態であれば、老人性うつと認知症は医師でも区別が難しい病となります。共通する症状が多く、また認知機能を測るテストなどの結果もうつに罹っていると認知症と同様の結果が出ることがあるため、見極めが難しいのです。専門の医師でも診断を下す場合は、検査や問診を重ねることで行ないます。一般の人が判断することは難しいので、素人考えでの判断で治療を行なおうとすると、かえって事態が悪化する可能性もあるため、注意が必要です。認知症にしろ、老人性うつにしろ、疑わしい症状が見られた時は、専門の医師の診察を受ける必要があるのです。